宝塚音楽学校「すみれ募金」活動に修造の娘が登場

 

スポーツキャスター松岡修造の長女で、今年4月に宝塚音楽学校に入学した松岡恵さんが、兵庫県宝塚市の宝塚大劇場ゲート前で、17年度の「すみれ募金」活動に参加した。

大劇場収容とほぼ同等の約3000人の人出で、中でも恵さん周辺では、撮影希望者が殺到。

 

恵さんは阪急東宝グループを創業し、劇団を創設した小林一三氏の玄孫。今年4月で新校長に就いた小林公一氏は、修造のいとこで、恵さんから見れば「いとこおじ」にあたる。

傍から見れば少なからずひいきで合格したところもありそうなところだが、父親のような熱血タイプであれば、後に結果として返ってくるでしょう。

 

話は戻り、「すみれ募金」は毎年恒例で、「公益財団法人チャイルド・ケモ・サポート基金」に寄付され、小児がんをはじめとした医療的ケアが必要な子供や家族の支援に役立てられる。

公益財団法人チャイルド・ケモ・サポート基金
http://www.kemohouse.jp/

 

 



関連記事

合わせて読みたい記事

  1. 長野県小諸市にある「停車場ガーデン」では、3月4日(日)までのランチタイム・期間…
  2. 公立高校の入学試験のシーズンがやってきました。 先日、…
  3. 多くのスポーツ選手にとってシューズは、自分の力をいかに発揮させることができるのか重要なものであり、体…
  4. 親同士が婚活する「代理見合い」に参加した天雫家と今井家。 天雫家の息子(健…

月別の投稿

ページ上部へ戻る