兵庫県立美術館「ベルギー奇想の系譜展」

兵庫県立美術館にて、2017年5月20日(土)から7月9日(日)まで(月曜日休館)、「ベルギー奇想の系譜展」が開催されます。

ルギー・フランドル地方とその周辺地域で中世末期から発達してきた幻想絵画。

ヒエロニムス・ボスやブリューゲルにはじまり、ジェームズ・アンソール、ルネ・マグリットらの時代を経て、そして現代のヤン・ファーブルや若手の作家など、およそ500年にわたる「奇想」の系譜をたどります。

 

兵庫県立美術館「ベルギー奇想の系譜展」
http://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/t_1705/index.html

兵庫県立美術館
阪神電車本線岩屋駅から徒歩約8分
JR神戸線灘駅から徒歩約11分

 

関連記事

合わせて読みたい記事

  1. テニスプレーヤー錦織圭選手がジャックスカードのCMで食している「ノドグロ」って、一体なんなのでしょう…
  2. 着用してヨガのポーズをとると各部に振動が起こり、より効果的なポーズになるよう誘導してくれるというセン…
  3. 建仁寺というと、国宝「風神雷神図屏風」や重文「雲龍図」などを保有。天井に描かれた「双龍図」も見ておき…
  4. つなぎなしの信州黒毛和牛100%をミディアムレアで食べるハンバーガー。中でも、おすすめはベーコンチー…

月別の投稿

フォローする

新着通知を受け取る
ページ上部へ戻る