兵庫県立美術館「ベルギー奇想の系譜展」

兵庫県立美術館にて、2017年5月20日(土)から7月9日(日)まで(月曜日休館)、「ベルギー奇想の系譜展」が開催されます。

ルギー・フランドル地方とその周辺地域で中世末期から発達してきた幻想絵画。

ヒエロニムス・ボスやブリューゲルにはじまり、ジェームズ・アンソール、ルネ・マグリットらの時代を経て、そして現代のヤン・ファーブルや若手の作家など、およそ500年にわたる「奇想」の系譜をたどります。

 

兵庫県立美術館「ベルギー奇想の系譜展」
http://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/t_1705/index.html

兵庫県立美術館
阪神電車本線岩屋駅から徒歩約8分
JR神戸線灘駅から徒歩約11分

 

 



関連記事

合わせて読みたい記事

  1. クレープは生地は、表面がパリっとして歯応えがあり、もっちりとこしがある。 大分類としては、生ク…
  2. 親同士が婚活する「代理見合い」に参加した天雫家と今井家。 天雫家の息子(健…
  3. 炭を使い、竈(かまど)で米を炊く、美味しさへのこだわり しかし、その「かま…
  4. 多くのスポーツ選手にとってシューズは、自分の力をいかに発揮させることができるのか重要なものであり、体…

月別の投稿

ページ上部へ戻る