北海道「赤いサイロ」

 

平昌オリンピック出場のカーリング女子日本代表「LS北見」が試合中の「もぐもぐタイム」(おやつタイム)で、北海道北見市の銘菓「赤いサイロ」を食べたことで販売・製造が追いつかないほど注文が相次ぎました。

「赤いサイロ」北海道産チーズケーキで、テレビ番組で取り上げられたことがあるのはもちろん、JALスーパーシート茶菓に採用されるなど、多くの実績と支持を得ています。

「赤いサイロ」という名前の由来は、牧草を貯めておくレンガでできたサイロからきています。北海道の風物詩の一つでしたが、最近では時代の流れとともにこのレンガのサイロは見かけることが少なくなりました。

 

清月(せいげつ:北海道北見市)
「赤いサイロ」
http://www.seigetsu.co.jp/sairo/
※注文に対して製造が追いつかないため、ただいま受注停止中です[2018.2.22現在]

 

 



関連記事

合わせて読みたい記事

  1. 大自然の中にポツンと建つパンカフェ「マーニ」 パンカフェ「マーニ」では、原田知世(50歳)と大…
  2. クレープは生地は、表面がパリっとして歯応えがあり、もっちりとこしがある。 大分類としては、生ク…
  3. 平昌オリンピックでは、カーリング女子日本代表が何かと話題になり、銅メダルも獲得し…
  4. 炭を使い、竈(かまど)で米を炊く、美味しさへのこだわり しかし、その「かま…

月別の投稿

ページ上部へ戻る