京都建仁寺塔頭(両足院)の特別拝観

建仁寺というと、国宝「風神雷神図屏風」や重文「雲龍図」などを保有。天井に描かれた「双龍図」も見ておきたい。

建仁寺では、5月26日(金)から7月6日(木)まで、両足院の非公開の庭園・文化財を拝観することができます。ただし、半夏生の庭園は、6月10日(土)から25日(日)までとなります。

また、御菓子丸謹製「はんげしょうの宝珠」をご賞味ください。お菓子は受付横で販売しています。

 

建仁寺では、指定日に「座禅体験」「座禅体験と朝粥体験」「座禅体験とヨガ体験」のプログラムに参加することができます。

入館料とは別に追加料金と3日前までに予約が必要です。両足院の公開期間外にも設定されています。

 

アクセス
京阪電車・祇園四条駅徒歩約7分、阪急・河原町徒歩約10分、京都市バス・東山安井(東山通・祇園-清水道の間)から徒歩約3分です。
花見小路の突き当たりにあります。

関連記事

合わせて読みたい記事

  1. テニスプレーヤー錦織圭選手がジャックスカードのCMで食している「ノドグロ」って、一体なんなのでしょう…
  2. 「リバテープ???」最近こそ知名度が上がってきました…
  3. 毎年、恒例のキャンペーン「京の夏の旅」が、7月8日(土)から9月30日(土曜)までの期間内に行われま…
  4. 埼玉県草加市の東武鉄道伊勢崎線(東武スカイツリーライン)谷塚駅(やつかえき)から徒歩9分のところに「…

月別の投稿

フォローする

新着通知を受け取る
ページ上部へ戻る