錦織圭が食す「ノドグロ」ってなに?

テニスプレーヤー錦織圭選手がジャックスカードのCMで食している「ノドグロ」って、一体なんなのでしょう?

 

「ノドグロ」はアカムツの呼称で、地域により呼び名に違いがある。錦織圭選手の出身地島根県では「ノドグロ」と呼ばれています。。

「白身のトロ」と呼ばれるほど、脂がのり濃厚な旨みと上品な味わいで食通に絶賛されるほどで、「どっちの料理ショー」のようなグルメ番組や旅番組に取り上げられることもしばしば。それに加えて漁獲高が少なく、入手困難な高級魚です。

 

食してみたい方は、島根県(浜田市がおすすめ)に足を運ぶと、焼き物や煮物などいろんな料理を食すことができそうです。

 

 



関連記事

合わせて読みたい記事

  1. 長野県小諸市にある「停車場ガーデン」では、3月4日(日)までのランチタイム・期間…
  2. 佐賀県出身のシンガーソングライター「カノエラナ」のミュージックビデオ「たのしいバストの数え歌」という…
  3. 多くのスポーツ選手にとってシューズは、自分の力をいかに発揮させることができるのか重要なものであり、体…
  4. 炭を使い、竈(かまど)で米を炊く、美味しさへのこだわり しかし、その「かま…

月別の投稿

ページ上部へ戻る