錦織圭が食す「ノドグロ」ってなに?

テニスプレーヤー錦織圭選手がジャックスカードのCMで食している「ノドグロ」って、一体なんなのでしょう?

 

「ノドグロ」はアカムツの呼称で、地域により呼び名に違いがある。錦織圭選手の出身地島根県では「ノドグロ」と呼ばれています。。

「白身のトロ」と呼ばれるほど、脂がのり濃厚な旨みと上品な味わいで食通に絶賛されるほどで、「どっちの料理ショー」のようなグルメ番組や旅番組に取り上げられることもしばしば。それに加えて漁獲高が少なく、入手困難な高級魚です。

 

食してみたい方は、島根県(浜田市がおすすめ)に足を運ぶと、焼き物や煮物などいろんな料理を食すことができそうです。

 

 



関連記事

合わせて読みたい記事

  1. 大自然の中にポツンと建つパンカフェ「マーニ」 パンカフェ「マーニ」では、原田知世(50歳)と大…
  2. 最近、若い女性の間ではマンホールが人気で、「蓋女(ふたじょ)」と呼ばれている。他にも、若手女優で電線…
  3. 信州ならではのまろやかな味噌味でまとめられた信州牛のみそ煮込み卵とじや、氷の器に…
  4. もし、10年後の未来からメッセージが届くといったことが現実に起こったらあなたはどうするだろうか? …

月別の投稿

ページ上部へ戻る