「ASUS」って何?読み方は?

今では、「ASUS」と言えば、スマホやノートパソコンといったイメージがあると思いますが、もともとパソコンのマザーボード(メインボード)を中心とした製品を作っていて、組み立てパソコン(自作パソコン)をされている人たちの間はよく知られた大手メーカーです。その他メーカーでは、「玄人志向」が有名です。

CPUで有名なインテルは、CPU以外ではマザーボードなどのチップが欠かせませんが、一般的に商品化されているものは多くありません。

ちなみに、私もデスクトップパソコンは組み立てています。組み立て用のノートパソコンは、ほぼ売られていません。おそらく、組み立てが好きな人はカスタマイズ(機能拡張)する傾向があるので、ノートパソコンは不向きだからだと思います。

15年以上前は、パソコン本体が高くて、興味のある人は安く組み立てられる自作パソコンをされる人も多かったです。店舗では、組み立てるのが面倒な初心者のために、すでに組み立てられたパソコンも売っていました。今は、パソコン本体が安くなり、買う人は減っている傾向にあります。それでもカスタマイズにこだわる人は、組み立てパソコンをされています。

 

話は戻り、昔は「ASUS」の読み方をアスース、エイサス、アサスなど、好きなように呼んでいました。(私はエイサスと呼んでいました)

もともと日本法人の名称は「アスース・ジャパン株式会社」でしたが、2012年に「ASUS JAPAN 株式会社」に社名変更するとともに、「エイスース」に統一されました。

しかし、昔から使っている人は、自分の呼び名を変えることに抵抗があるかもしれませんね。

 

関連記事

合わせて読みたい記事

  1. 「チェックしておきたい注目セクシー写真集」が掲載されています。期間限定だと思いますので、早く見ておき…
  2. 神戸・森林植物園では、6月10日(土)から7月17日(月・祝)まで、「森の中のあじさい散策」が開催さ…
  3.  「夏の関西1デイパス」は、JR自由周遊区間内の普通電車が1日乗り放題!各快速電車のほか、JR京都線…
  4. 建仁寺というと、国宝「風神雷神図屏風」や重文「雲龍図」などを保有。天井に描かれた「双龍図」も見ておき…

月別の投稿

フォローする

新着通知を受け取る
ページ上部へ戻る