国際宇宙ステーション「きぼう」を肉眼で見た

 

国際宇宙ステーション「きぼう」が23日20時半前にを肉眼で見れるという情報を得て、スマホの目覚まし時計を合わせ、ご飯を食べながら待っていた。

目覚ましが鳴り始めたとき、別の部屋に行っていたので、戻った時には1分過ぎていた。

 

スマホを持って、急いで空を見上げると、ちょうど南寄りの方向の空から見え始めたときだった。

米粒サイズで北極星並みに明るくくっきりと見えたので、スマホで動画が撮れると思ったのですが、飛行機の十数倍もの速さで通過したうえ、スマホを持って行くだけという準備らしい準備もしていなかったがために、まったく撮れなかった。

 

残念ながら、画像なしの投稿ということでご勘弁を。

関連記事

合わせて読みたい記事

  1. つなぎなしの信州黒毛和牛100%をミディアムレアで食べるハンバーガー。中でも、おすすめはベーコンチー…
  2. クレープは生地は、表面がパリっとして歯応えがあり、もっちりとこしがある。大分類としては、生ク…
  3. 「僕は友達が少ない」というタイトルだが、「友達がいない」ところから始まる。…
  4. 毎年、恒例のキャンペーン「京の夏の旅」が、7月8日(土)から9月30日(土曜)までの期間内に行われま…

月別の投稿

フォローする

新着通知を受け取る
ページ上部へ戻る