国際宇宙ステーション「きぼう」を肉眼で見た

 

国際宇宙ステーション「きぼう」が23日20時半前にを肉眼で見れるという情報を得て、スマホの目覚まし時計を合わせ、ご飯を食べながら待っていた。

目覚ましが鳴り始めたとき、別の部屋に行っていたので、戻った時には1分過ぎていた。

 

スマホを持って、急いで空を見上げると、ちょうど南寄りの方向の空から見え始めたときだった。

米粒サイズで北極星並みに明るくくっきりと見えたので、スマホで動画が撮れると思ったのですが、飛行機の十数倍もの速さで通過したうえ、スマホを持って行くだけという準備らしい準備もしていなかったがために、まったく撮れなかった。

 

残念ながら、画像なしの投稿ということでご勘弁を。

 



関連記事

合わせて読みたい記事

  1. 親同士が婚活する「代理見合い」に参加した天雫家と今井家。 天雫家の息子(健…
  2. ブサイクは言い過ぎかもしれないが、でもかわいいとは言い難い。 しかし、演技力に…
  3. 信州ならではのまろやかな味噌味でまとめられた信州牛のみそ煮込み卵とじや、氷の器に…
  4. 公立高校の入学試験のシーズンがやってきました。 先日、…

月別の投稿

ページ上部へ戻る