四国高知の「県鳥君」って何者?

高知市の県庁西側の一角に、「県鳥君」と呼ばれる1羽の緑と茶の羽が美しいニワトリが、2年以上前から住み着いている。誰かが専用の小屋を作り、中にファンレターが入れられることも。県の鳥ヤイロチョウに負けない存在感。

県庁裏から高知城下をウロウロしていて、通行人にも人なつこく歩み寄ってくるようなので、癒されたい方はその辺をウロウロしていれば出会うでしょう。

 

 



関連記事

合わせて読みたい記事

  1. 親同士が婚活する「代理見合い」に参加した天雫家と今井家。 天雫家の息子(健…
  2. 初めて会ったのは13年前。 同じ企業ではあったが、岡村…
  3. 炭を使い、竈(かまど)で米を炊く、美味しさへのこだわり しかし、その「かま…
  4. 信州ならではのまろやかな味噌味でまとめられた信州牛のみそ煮込み卵とじや、氷の器に…

月別の投稿

ページ上部へ戻る