蓋の次は階段?

最近、若い女性の間ではマンホールが人気で、「蓋女(ふたじょ)」と呼ばれている。他にも、若手女優で電線好きな人がいるという。

そして今、人気上昇中なのが「階段」。階段といっても、都心部にある古びた建物や路地にあるものを指すらしい。同時に、廃墟化した建物の階段以外の物にも興味を抱く女性もいる。

 

それというのは、レトロブーム(廃墟ブーム)につながる。オリンピックが近づく中、急速に都市再開発が進み、古い建物が次々と建て替えられているという事情もあるようだ。

さらに、近い将来、大地震が起こると言われているだけに、防災性や耐震性を重視されている点もあるだろう。

 

レトロブームが全国的に広まれば、昔の古びた有名な商品看板などの価値が上がります。

ちょっとオタクなくらいがおしゃれな時代。オタクもまた、個性として認められているということでしょうね。

 

関連記事

合わせて読みたい記事

  1. テニスプレーヤー錦織圭選手がジャックスカードのCMで食している「ノドグロ」って、一体なんなのでしょう…
  2. 建仁寺というと、国宝「風神雷神図屏風」や重文「雲龍図」などを保有。天井に描かれた「双龍図」も見ておき…
  3. 「リバテープ???」最近こそ知名度が上がってきました…
  4. 「高橋あず美」さんの名前を知らなくても、「どこかで見たことがあるような顔だなぁ」と思われる人も結構い…

月別の投稿

フォローする

新着通知を受け取る
ページ上部へ戻る