神護寺_Jingo-ji_

 

 神護寺 

空海が住持した真言密教の古刹として知られています。
金堂に安置されている、檜の一本で彫られた高さ170cmの立像の「薬師如来立像」は、気品に満ちあふれています。
神護寺の梵鐘は、「形の平等院、音色の三井寺、銘の神護寺」と言われるように、四面に描かれた銘文が見事です。
境内にある地蔵院は、清滝川沿いの一番の渓谷美・錦雲渓を一望できるビュースポットです。また、ここでは素焼き皿を渓谷に向かって投げる「かわら投げ」も有名です。

 

 

 Jingo-ji 

Jingo-ji, once inhabited by Kukai, is known as a temple-monastery of the esoteric Shingon sect of Buddhism.
The elegant standing image of the Buddha Yakushi (the Buddha of healing ) is enshrined in the main hall (kondo). It was carved from one big Japanese cypress tree and is 170 centimeters in height.
On the four sides of the temple bell, a well-known inscription has been engraved. It is a widely known saying about the bells in the temples of Kyoto that the best shaped bell is the one in Byodo-in Temple, the bell that has the most wonderful tones is the one in Mitsui Temple and the one with the greatest inscription is on the one in Jingo-ji Temple.
From Jizo-in, built within the temple grounds, you can enjoy the panoramic view of Kinun Valley, the most beautiful valley along the Kiyotaki River. Theer is an interesting costom of throwing an ungiazed dish into the valley. In Japanese, it is called “Kawaranage” which literally means “throwing roof tiles”.

 

 



関連記事

合わせて読みたい記事

  1. 若い女性が酔って家に帰ったとしても、家の前で倒れている知らない若い男を自分の家に入れるか?しかも、セ…
  2. 「リバテープ???」 最近こそ知名度が上がってきました…
  3. 福岡県の新しい観光列車「ひとつ星」 平成筑豊鉄道「ひとつ星」は貸し切り列車で、約2時間半かけて…
  4. もし、数ヶ月後に目が見えなくなるとしたら、あなたは最後に何を見たいですか? …

月別の投稿

ページ上部へ戻る