伊豆静岡松崎「三好」のうな重

 

炭を使い、竈(かまど)で米を炊く、美味しさへのこだわり

しかし、その「かまど」はもう製造されておりません。壊れると修理をし、60年使っているそうです。

三好の大将とカウンター席。テーブル席は暖簾で仕切られた個室風です。

東京人形町に支店があります

 

続きはこちら
https://www.facebook.com/reiko.asakura.3/posts/1471753546208060?pnref=story

 

 



関連記事

合わせて読みたい記事

  1. 「僕は友達が少ない」というタイトルだが、「友達がいない」ところから始まる。 …
  2. 信州ならではのまろやかな味噌味でまとめられた信州牛のみそ煮込み卵とじや、氷の器に…
  3. 長野県小諸市にある「停車場ガーデン」では、3月4日(日)までのランチタイム・期間…
  4. クレープは生地は、表面がパリっとして歯応えがあり、もっちりとこしがある。 大分類としては、生ク…

月別の投稿

ページ上部へ戻る