信州長野松本「クレープ工房」

クレープは生地は、表面がパリっとして歯応えがあり、もっちりとこしがある。

大分類としては、生クリーム入り、生クリームなしの甘い系、アイス入り、バター、クリームチーズ、ピザ、サラダ、季節限定があり、さらに、小分類がズラッと並ぶ多彩なメニューだ。一通り食べようと思ったら、数か月かかりそうだ。

価格は、ほぼ400~600円といったところ。

松本市駅前の「クレープ工房」
https://www.facebook.com/yujirou.oonishi/posts/1681676528806341

 

 



関連記事

合わせて読みたい記事

  1. つなぎなしの信州黒毛和牛100%をミディアムレアで食べるハンバーガー。中でも、おすすめはベーコンチー…
  2. テニスプレーヤー錦織圭選手がジャックスカードのCMで食している「ノドグロ」って、一体なんなのでしょう…
  3. ブサイクは言い過ぎかもしれないが、でもかわいいとは言い難い。 しかし、演技力に…
  4. 多くのスポーツ選手にとってシューズは、自分の力をいかに発揮させることができるのか重要なものであり、体…

月別の投稿

ページ上部へ戻る