錦織圭が食す「ノドグロ」ってなに?

テニスプレーヤー錦織圭選手がジャックスカードのCMで食している「ノドグロ」って、一体なんなのでしょう?

 

「ノドグロ」はアカムツの呼称で、地域により呼び名に違いがある。錦織圭選手の出身地島根県では「ノドグロ」と呼ばれています。。

「白身のトロ」と呼ばれるほど、脂がのり濃厚な旨みと上品な味わいで食通に絶賛されるほどで、「どっちの料理ショー」のようなグルメ番組や旅番組に取り上げられることもしばしば。それに加えて漁獲高が少なく、入手困難な高級魚です。

 

食してみたい方は、島根県(浜田市がおすすめ)に足を運ぶと、焼き物や煮物などいろんな料理を食すことができそうです。

 

 



関連記事

合わせて読みたい記事

  1. 「ジャンプして飛んだ!」とかそういうレベルの話じゃなくて、地上から数メートルの高…
  2. クレープは生地は、表面がパリっとして歯応えがあり、もっちりとこしがある。 大分類としては、生ク…
  3. 埼玉県草加市の東武鉄道伊勢崎線(東武スカイツリーライン)谷塚駅(やつかえき)から徒歩9分のところに「…
  4. 平昌オリンピックでは、カーリング女子日本代表が何かと話題になり、銅メダルも獲得し…

月別の投稿

ページ上部へ戻る