止まっているはずのものが動き出す

止まっている画像なのに、ゆらゆらと揺れ動くように見えますよね。人の脳が持っている視覚のブレを補正する機能がうまく働いていないからなのです。さらに、まばたきをすれば錯覚が生じて、揺れが大きくなります。

 

「目の不思議」

 

モノクロの写真がカラーに見える?
存在しないカラーが見える?
模様が消える?

人の脳に隠された機能とは?

 

人のまばたきの平均回数は
1分間・・・約20回
1時間・・・約1,200回
1年間・・・約7,008,000回
(1日16時間起きていると仮定)

パソコンやスマートフォンのようなデジタルスクリーンを見ている間、まばたきの回数は普段の5分の1まで減少すると言われています。このような現象を「まばたきロス」と呼んでいます。

人はなぜ「まばたき」をするのか?

 

コンタクトレンズメーカーで有名な「BAUSCH+LOMB(ボシュロム)」が提供する

「まばたきイリュージョン ミュージアム」
https://aqualox.jp/museum/

「目の不思議」を体感してみましょう!

 

 



関連記事

合わせて読みたい記事

  1. 多くのスポーツ選手にとってシューズは、自分の力をいかに発揮させることができるのか重要なものであり、体…
  2. テニスプレーヤー錦織圭選手がジャックスカードのCMで食している「ノドグロ」って、一体なんなのでしょう…
  3. 平昌オリンピックでは、カーリング女子日本代表が何かと話題になり、銅メダルも獲得し…
  4. 若い女性が酔って家に帰ったとしても、家の前で倒れている知らない若い男を自分の家に入れるか?しかも、セ…

月別の投稿

ページ上部へ戻る