止まっているはずのものが動き出す

止まっている画像なのに、ゆらゆらと揺れ動くように見えますよね。人の脳が持っている視覚のブレを補正する機能がうまく働いていないからなのです。さらに、まばたきをすれば錯覚が生じて、揺れが大きくなります。

 

「目の不思議」

 

モノクロの写真がカラーに見える?
存在しないカラーが見える?
模様が消える?

人の脳に隠された機能とは?

 

人のまばたきの平均回数は
1分間・・・約20回
1時間・・・約1,200回
1年間・・・約7,008,000回
(1日16時間起きていると仮定)

パソコンやスマートフォンのようなデジタルスクリーンを見ている間、まばたきの回数は普段の5分の1まで減少すると言われています。このような現象を「まばたきロス」と呼んでいます。

人はなぜ「まばたき」をするのか?

 

コンタクトレンズメーカーで有名な「BAUSCH+LOMB(ボシュロム)」が提供する

「まばたきイリュージョン ミュージアム」
https://aqualox.jp/museum/

「目の不思議」を体感してみましょう!

 

 



関連記事

合わせて読みたい記事

  1. 最近、若い女性の間ではマンホールが人気で、「蓋女(ふたじょ)」と呼ばれている。他にも、若手女優で電線…
  2. 蕎麦は信州・国産100%使用で、ワンコイン!大盛りにしてもワンコイン! そばをお盆に載せてもら…
  3. 「ジャンプして飛んだ!」とかそういうレベルの話じゃなくて、地上から数メートルの高…
  4. もし、10年後の未来からメッセージが届くといったことが現実に起こったらあなたはどうするだろうか? …

月別の投稿

ページ上部へ戻る