四国高知の「県鳥君」って何者?

高知市の県庁西側の一角に、「県鳥君」と呼ばれる1羽の緑と茶の羽が美しいニワトリが、2年以上前から住み着いている。誰かが専用の小屋を作り、中にファンレターが入れられることも。県の鳥ヤイロチョウに負けない存在感。

県庁裏から高知城下をウロウロしていて、通行人にも人なつこく歩み寄ってくるようなので、癒されたい方はその辺をウロウロしていれば出会うでしょう。

 

 



関連記事

合わせて読みたい記事

  1. 親同士が婚活する「代理見合い」に参加した天雫家と今井家。 天雫家の息子(健…
  2. 最近、若い女性の間ではマンホールが人気で、「蓋女(ふたじょ)」と呼ばれている。他にも、若手女優で電線…
  3. 多くのスポーツ選手にとってシューズは、自分の力をいかに発揮させることができるのか重要なものであり、体…
  4. 「チェックしておきたい注目セクシー写真集」が掲載されています。期間限定だと思いますので、早く見ておき…

月別の投稿

ページ上部へ戻る