天龍寺_Tenryu-ji_

 

 天龍寺 

法堂の天井に描かれた、どの角度から見ても睨まれているように見える「八方睨みの龍」が有名です。
天龍寺は、室町時代に嵐山を代表する京都五山の第一位の寺です。
庭の一部として山を取り込み、白砂、松、岩を組んで造った渓谷と滝の庭園は、池泉回遊式庭園の代表作です。

 

 

 Tenryu-ji 

On the ceiling of the dhamma hall you can find the well-known painting “a dragon staring in all eight directions”. It is famous because in whichever direction you look at the dragon, you feel like it is still staring at you.
Tenryu-ji was formally ranked first among “the five great Zen temples of Kyoto (Kyoto Gozan)” and was representative of Arashiyama city during the Muromachi period.
The mountains in the background appear to part of the garden, and the beautiful arrangement of white sand, pine trees and rocks is spectacular. The gorge and waterfall garden is the most important work of all the circular-style gardens with a stone assembly around the pond in Japan.

 

 



関連記事

合わせて読みたい記事

  1. 最近、若い女性の間ではマンホールが人気で、「蓋女(ふたじょ)」と呼ばれている。他にも、若手女優で電線…
  2. 多くのスポーツ選手にとってシューズは、自分の力をいかに発揮させることができるのか重要なものであり、体…
  3. 「ジャンプして飛んだ!」とかそういうレベルの話じゃなくて、地上から数メートルの高…
  4. 炭を使い、竈(かまど)で米を炊く、美味しさへのこだわり しかし、その「かま…

月別の投稿

ページ上部へ戻る