知恩院_Chion-in_

 

 知恩院 

念仏を唱えると極楽へいけるという教えを説いた法然の御廟で、浄土宗の総本山です。
70トンもある大鐘は、12月31日の除夜に17人の僧侶によって撞かれます。

 

 

 Chion-in 

Chion-in is the head temple of the Jodo sect of Buddhism and also the mausoleum of Honen, the founder of the sect. It was this temple where he tanght Nembutsu Buddhism, or chanting the phrase “Namu Amida Butsu (I seek refuge in Amida Buddha)” which is designed to lead you to the Pure Land (Gokuraku).
The giant bell, which weighs roughly 70 tons, is struck by 17 monks as midnight approaches on New Year’s Eve.

 

 



関連記事

合わせて読みたい記事

  1. 親同士が婚活する「代理見合い」に参加した天雫家と今井家。 天雫家の息子(健…
  2. 埼玉県草加市の東武鉄道伊勢崎線(東武スカイツリーライン)谷塚駅(やつかえき)から徒歩9分のところに「…
  3. 炭を使い、竈(かまど)で米を炊く、美味しさへのこだわり しかし、その「かま…
  4. あの悪夢の大地震と大津波から7年が経とうとしている。 どのくらい復興したの…

月別の投稿

ページ上部へ戻る