知恩院_Chion-in_

 

 知恩院 

念仏を唱えると極楽へいけるという教えを説いた法然の御廟で、浄土宗の総本山です。
70トンもある大鐘は、12月31日の除夜に17人の僧侶によって撞かれます。

 

 

 Chion-in 

Chion-in is the head temple of the Jodo sect of Buddhism and also the mausoleum of Honen, the founder of the sect. It was this temple where he tanght Nembutsu Buddhism, or chanting the phrase “Namu Amida Butsu (I seek refuge in Amida Buddha)” which is designed to lead you to the Pure Land (Gokuraku).
The giant bell, which weighs roughly 70 tons, is struck by 17 monks as midnight approaches on New Year’s Eve.

 

 



関連記事

合わせて読みたい記事

  1. つなぎなしの信州黒毛和牛100%をミディアムレアで食べるハンバーガー。中でも、おすすめはベーコンチー…
  2. ブサイクは言い過ぎかもしれないが、でもかわいいとは言い難い。 しかし、演技力に…
  3. 平昌オリンピックでは、カーリング女子日本代表が何かと話題になり、銅メダルも獲得し…
  4. 「リバテープ???」 最近こそ知名度が上がってきました…

月別の投稿

ページ上部へ戻る