銀閣寺_Ginkaku-ji (Temple of the Silver Pavilion)_

 

 銀閣寺 

銀閣寺は室町幕府8代将軍・足利義政が造営した山荘の東山殿がルーツです。
銀閣を一体化した錦鏡池を中心とした池泉回遊式庭園の眺めは見事です。
本堂前には、白砂を高さ66cmに盛り上げ0.7ヘクタールの面積を覆う銀沙灘があります。銀沙灘は海に見立てられ、夜間に銀閣を月の光で反射させるためのものと言われています。

 

 

 Ginkaku-ji (Temple of  the Silver Pavilion) 

Ginkaku-ji was originally built as a retirement villa (named Higashiyama Palace) by Ashikaga Yoshimasa, the 8th Muromachi Shogun.
It is wonderful to view the combination of the Silver Pavilion and circuit-style garden around Kinkyo pond.
In front of the main hall, you see the Sea of Silver Sand (Ginshadan), which consists of a platform of white sand, 66 centimeters high that covers 0.7 hectares. It is meant to be seen as a sea, and was designed to reflect moonlight onto the Silver Pavilion.

 

 



関連記事

合わせて読みたい記事

  1. 親同士が婚活する「代理見合い」に参加した天雫家と今井家。 天雫家の息子(健…
  2. あの悪夢の大地震と大津波から7年が経とうとしている。 どのくらい復興したの…
  3. 平昌オリンピックでは、カーリング女子日本代表が何かと話題になり、銅メダルも獲得し…
  4. 公立高校の入学試験のシーズンがやってきました。 先日、…

月別の投稿

ページ上部へ戻る