三十三間堂_Sanjusangen-do_

 

 三十三間堂 

お堂には、中尊の十一面千手千眼観音坐像1体が、1000の観音立像に囲まれて、まばゆいほど光り輝いています。
本堂の三十三間堂の名は、本堂の内陣の柱間が33あることが由来です。
国宝に指定された雷神と風神像(国宝)も必見です。風雨をつかさどり「五穀豊穣」をもたらす神として祀られました。
1月にはお堂の西庭で弓道大会が催されます。これは江戸時代の弓の競技の「通し矢」から続けられているものです。

 

 

 Sanjusangen-do 

The seated image of dazzling main deity, known as “Eleven Faces, Thousand Arms and Thousand Eyes”, is surrounded by 1,000 standing Kannon statues in the temple sanctum.
The Sanjusangen-do is so named because the inner sanctum is made of 33 (sanjusan) bays (ken) separated by evenly spaced pillars.
It is also worth seeing the carvings of the wind and thunder deities (Fujin and Raijin). They were enshrined in the temple to control the rain and the wind, and to bring about a fruitful grain harvest. Both have been desinated as national Treasures.
A Japanese archery tournament is held in the west garden of the hall in January. The tournament can be traced to an event called the Toshiya Contest, which originated in the Edo period.

 

 



関連記事

合わせて読みたい記事

  1. 親同士が婚活する「代理見合い」に参加した天雫家と今井家。 天雫家の息子(健…
  2. 佐賀県出身のシンガーソングライター「カノエラナ」のミュージックビデオ「たのしいバストの数え歌」という…
  3. 炭を使い、竈(かまど)で米を炊く、美味しさへのこだわり しかし、その「かま…
  4. 若い女性が酔って家に帰ったとしても、家の前で倒れている知らない若い男を自分の家に入れるか?しかも、セ…

月別の投稿

ページ上部へ戻る